相続に関する記事一覧

相続に関するご相談、手続き、その他の相続税、相続手続、遺言書の対応はアイクス司法書士事務所にお任せ下さい。

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧

相続

相続は、人の死亡によって始まります。相続が開始したら、まずは故人の遺産の調査を行う必要があります。相続財産の調査によって大まかな資産や負債を把握することによって相続をするか相続放棄をするかを決めることができます。
相続財産の調査と並行して相続人調査を行います。相続人調査をきちんと行わなければ、相続完了後に個人に隠し子がいたことが判明した場合、隠し子も故人の子ですので相続人となりますので、相続をはじめからやり直す必要があります。そのため、そのようなことを防ぐために相続人調査をきちんと行う必要があります。
相続財産調査と相続人調査が完了したら、遺産分割協議を行う必要があります。遺産分割協議は相続人全員の参加を必要とします。一人でも相続人が欠けた遺産分割協議は無効となります。遺産分割協議に参加できない相続人がいる場合は、家庭裁判所に申し立てて代理人を立てる必要があります。
遺産分割協議で合意に至った内容を遺産分割協議書にまとめることとなります。
遺産分割協議書の内容にしたがって相続し、相続登記や相続税の申告・納付を完了して、相続の手続きは終了となります。

他にも遺言書の作成や相続税の節税などの対策は、相続開始前から始まるものもあります。遺言書には法律で決められた形式で作成しないと無効となります。また、相続税の節税は早めに対策をすればするほど効果があります。

アイクス司法書士事務所は、東京都の相続問題について、豊富な経験とノウハウを持つ各専門家へネットワークをする相続スペシャリストがお客様の問題を多角的にサポートし解決いたします。相続でのお悩みは当事務所までお気軽にご相談ください。相続問題のプロフェッショナルが責任をもって皆様のお悩みを解決に導きます。

相続に関する基礎知識や事例

  • アイクス司法書士事務所とはアイクス司法書士事務所とは

    アイクス司法書士事務所とは、司法書士、1級FP、相続アドバイザー、弁護士、税理士、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者、社会保険労務士等、相続の各専門家とネットワークを組み、お客様が的確な相続を実現...

  • アイクス司法書士事務所に相談するメリットアイクス司法書士事務所に相談するメリット

    ◆「相続のスペシャリスト」達がフルサポート!相続問題は、遺言書の作成や相続登記などの法律的な面だけでなく相続税、贈与等の税務面についても検討する必要があります。

  • 相続が発生したら行うべきこと相続が発生したら行うべきこと

    ●遺言書の確認相続開始後、遺言書を発見したり、遺言書を保管している人はすぐに家庭裁判所の検認を受けなければなりません。

  • 相続が確定したら行うべきこと相続が確定したら行うべきこと

    ●遺産分割協議遺言がない場合は、法律に定められた相続人が遺産を相続することになります。 話し合いがまとまらなかったり、相続人に未成年者や胎児がいる場合には、早目に専門家のアドバイスを受けることが...

  • 主な相続財産と注意点主な相続財産と注意点

    【不動産】基本的には、固定資産税の納税通知書、課税証明書が有効。固定資産税がかからない不動産については、権利書や登記簿謄本での確認が必要。

  • 相続放棄・限定承認相続放棄・限定承認

    相続は、被相続人の遺産の全てが相続の対象となりますが、借金等のマイナスの遺産が多く、相続するメリットがない場合にとる手続きが相続放棄です。相続放棄は、各相続人が単独ですることができます。

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    相続人が複数いる場合、被相続人の遺産は共同相続人全員の共有状態になります。そして、これら遺産を分けるための相続人全員による話し合いを遺産分割協議といいます。

  • 相続税の申告相続税の申告

    ◆相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。

  • 相続人相続人

    現行民法では、相続人は、すべて法律によって定まっており、遺言など被相続人の意思により相続人を創造することはできません。法律で定められた相続人のことを「法定相続人」といいます。

  • 相続財産相続財産

    【相続の対象となる積極(プラス)財産の例】①不動産 ⇒不動産の登記簿謄本や名寄帳、固定資産税納付通知書、公図などを取得し、不動産の有無を調査します。②動産(貴金属、着物、家財道具等)

  • 相続の放棄・承認相続の放棄・承認

    相続の承認には、「単純承認」と「限定承認」があります。「単純承認」とは、相続人が被相続人の権利義務を全面的に承継することを内容として相続を承認する相続の形態をいいます。

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    相続が発生した場合は、まず「相続人が遺言を遺しているか否か」を確認する必要があります。法律上有効な遺言がない場合、分割のための協議をすることになります。

  • 不動産の名義変更、登記不動産の名義変更、登記

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的です(遺産分割協議の成立前に共同相続人が法定相続分に応じて共有登記を行うこともあります。

  • 自動車の相続自動車の相続

    相続財産の中に自動車が含まれている場合、次に所有する相続人は、相続した自動車の名義変更する必要があります。売却する場合はもちろんのこと、廃車にするといった場合であっても、相続による名義変更手続を...

  • 遺産相続の手続き遺産相続の手続き

    ①遺言書の存否の確認 相続においては、まず「被相続人が遺言を遺しているか否か」を確認してください。被相続人は、生前自己の財産を自由に処分することができたはずであり、遺言は被相続人の最後の意思表示...

  • 株式の相続株式の相続

    株式を相続する場合、名義変更が必要となります。非上場会社の株式の場合、どのような書類が必要か、会社に確認して進めることになります。

  • 相続放棄相続放棄

    「相続の放棄」とは、相続人が相続の開始によって不確定的に生じた相続の効果を確定的に拒否し、初めから相続人にでなかった公課を生じさせる相続形態をいいます。相続放棄をした者については代襲相続がおきな...

  • 不動産の名義変更不動産の名義変更

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的です(遺産分割協議の成立前に共同相続人が法定相続分に応じて共有登記を行うこともあります。

  • 相続税 控除相続税 控除

    相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。相続財産が一定額を超える事によって初めて相続税が発生します。※相続税改正に伴い、この相続税の課税対象が大幅に増加すると予想されているので注...

  • 相続争い事例相続争い事例

    【ケース1】長男の言い分:弟は、親の財産はいらないと言って、長い間実家に顔も見せなかったのに両親が亡くなったら突然自分の相続権を主張し始めた。

  • 相続トラブルを防ぐ方法相続トラブルを防ぐ方法

    遺言書がある場合にはまずは遺言の内容が最優先されます。 「特定の世話になった人間に特別に相続させたい」「兄弟間の公平感を保ちきちんと相続させたい」等々遺言者は自分の意思通りに財産の分配を決めるこ...

  • アイクス司法書士事務所の相続相談アイクス司法書士事務所の相続相談

    アイクス司法書士事務所は、各種相続手続き、相続税対策相続税申請、遺言書等について「相続対策 無料相談」「法律相談 相続」を行っております。下記はお客様から寄せられるご相談の一部です。

  • 相続財産目録相続財産目録

    財産目録は、被相続人が所有していたすべての財産を一覧にしたもので、多くのの項目について調査する必要がございます。

  • 相続放棄 期間相続放棄 期間

    相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月内に、単純承認、限定承認又は相続放棄をする必要がございます。

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相続人が複数存在する場合、相続財産に不動産が含まれる場合は数多くの書類が必要となります。

  • 債務の相続債務の相続

    相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月の期間内に、単純承認、限定承認又は相続放棄をしなければなりません。

  • 節税節税

    アイクス司法書士事務所では、相続税の節税に関してのご相談については、税理士、不動産鑑定士等他士業との連携を強化し対応させて頂いております。

  • 家督相続 登記家督相続 登記

    家督相続の登記とは、旧民法に規定されていた家督相続によって相続登記を行うことです。かつて日本では家督相続という制度がありましたが、今でもこの考えを強く主張する相続人がいる と、相続時に何かと揉め...

  • 相続 養子相続 養子

    親子の血縁のない者どうしが、養子縁組の届出を出すことによって、 本来の血縁のある親子と同じ関係になります。

  • 分割協議分割協議

    財産の調査が終わり、各相続人が「単純承認・限定承認・相続放棄」のいずれかを選択した後は、遺産分割協議を始め、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議とは、相続開始により法定相続人の共有となった遺...

  • 贈与税率贈与税率

    贈与税率は受贈者(=贈与を受けた人)が、その年の1月1日~12月31日までの1年間に、贈与された財産に課税されます。 贈与者(=贈与した人)の人数には関係なく、あくまで受贈者自身が1年間に総額い...

  • 相続税軽減相続税軽減

    アイクス司法書士事務所では、相続税軽減に関してのご相談に豊富な経験がございます。① 相続税の申告が必要なのかどうか。

  • 相続欠格相続欠格

    法定相続人であっても、相続資格を失う場合があります。相続欠格事由がある場合又は被相続人から廃除された場合です。 相続人が被相続人に暴力を振るうなどの虐待を加えていた場合には、相続の資格がないとい...

  • 再婚 相続再婚 相続

    親子の血縁のない者どうしが、養子縁組の届出を出すことによって、 本来の血縁のある親子と同じ関係になります。養子縁組をすると相続税の節税になる場合もございます。

  • 生前贈与 税金生前贈与 税金

    相続税をおさえたいなら考えたいのが「生前贈与」です。アイクス司法書士事務所は相続税のご相談については、提携しております税理士がおりますので相続税をも視野に入れた対策を取らせて頂いております。

  • 生前贈与の税率と計算方法生前贈与の税率と計算方法

    生前贈与とは、被相続人となる人が、生きている間に財産を無償で渡すことをいいます。この生前贈与を行うことで、被相続人の死後に相続する財産が少なくなることで、相続税の課税価格が少なくなるため、節税対...

  • 相続税 相続人相続税 相続人

    相続税の総額は、次のように計算いたします。1各人の課税価格を合計して、課税価格の合計額を計算いたします。

  • 相続 離婚相続 離婚

    離婚して縁が切れても子どもの相続権は残ります。夫婦の場合は離婚によって、お互いの相続権を失います。たとえ、離婚した次の日に元配偶者が亡くなったとしても相続することは出来なくなります。

  • 戸籍 相続戸籍 相続

    被相続人の相続人となる者が誰であるかを特定するため(他に相続人が存在しないことを証明するため)に被相続人の記載がある戸籍等(除籍・改製原戸籍等)が必要です。

  • 相続税 家屋相続税 家屋

    相続税や贈与税を計算するときに、相続や贈与などにより取得した土地や家屋を評価する必要があります。土地及び家屋などの家屋は財産ですので、相続税の対象になります。家屋の相続税を計算するときは、まず、...

  • 相続税 不動産相続税 不動産

    相続税や贈与税を計算するときに、相続や贈与などにより取得した不動産を評価する必要があります。土地及び不動産などの不動産は財産ですので、相続税の対象になります。不動産の相続税を計算するときは、まず...

  • 遺産贈与税遺産贈与税

    基本的に相続税は、相続が発生したときに遺産を、受け継いだ人に課されるものです。 一方贈与税は、贈与者(=贈与する人)が生きているときに、受贈者(=贈与を受ける人)に財産を無償であげることを、お互...

  • 税理士 節税税理士 節税

    相続税の節税のことなら節税が得意なアイクス司法書士事務所までご相談下さい。相続税の節税、贈与税の節税などの節税方法について無料相談の上丁寧にご説明いたします。

  • 遺留分 計算遺留分 計算

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続時に遺言書があってもこの遺留分は認められます。ですが、遺留分があるからといって、常に遺留分減殺請求が認められるわけではありません。

  • 遺産手続き遺産手続き

    遺産手続きについては、悲しみが薄れ無い中、早急に行う必要がございます。死亡届の提出人が死亡したことをきっかけに、さまざまな遺産相続の手続きが必要になりますが、まず最初にすることが「死亡届」の提出です。

  • 相続税 贈与相続税 贈与

    生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。 個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できるのが原則です。 また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるという目的の...

  • 墓地 相続墓地 相続

    お墓は「祭祀財産」と言って相続財産とは明確に区別され、相続税の対象にはなりません。その代わり、相続税がかからない分、継承した以降は毎年の管理科や供養を続けていくという義務を負うことになるのです。

  • 遺産相続 順位遺産相続 順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく)・被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、 内縁関係にある人の子供(=ひちゃくしゅつし)・被相続人の孫

  • 相続分相続分

    法定相続分の内容法定分割とは、民法で「このように財産を分けるのが一番よい」と決めている分け方です。

  • 遺産分割 税金遺産分割 税金

    遺産分割の方法には、換価分割、代償分割、現物分割があります。産分割が決まらなかった場合の相続税の申告手続の流れがどうなるのか確認をしておきましょう。

  • 保険金 相続保険金 相続

    被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。

  • 遺産相続権遺産相続権

    人が亡くなると、その人が持っていた財産は相続人に引き継がれます。遺産は誰がどれだけ相続するのか、長男が遺産を独り占めしている、相続したくない、遺言書を作りたいが、相続手続きはとうする、相続税はど...

  • 遺産相続 手順遺産相続 手順

    相続手続の中には相続方法の選択のように行うのに期限が定められたものがあります。期限の定めのあるものはその期限内に行わないと思わぬ不利益を被る場合がありますので特に注意が必要です。遺産相続争いも多...

  • 年金 相続年金 相続

    相続が発生するとやらなければいけないことがたくさんあります。その中で忘れがちなものの1つに年金の手続きがあります。

  • 遺産相続 所得税遺産相続 所得税

    一般に相続は、ただで財産をもらうことになるため、一種の不労所得といえます。相続により財産を取得した個人が、相続の開始があった日の翌日から相続税の申告書の申告期限の翌日以降3年を経過する日までの間...

  • 相続専門 税理士相続専門 税理士

    相続専門 税理士は数多くいますが、アイクス司法書士事務所には豊富な実績とノウハウがございます。相続はすべての人に起こります。残された家族・親族全員が相続問題に関わります。

  • 相続 不動産登記相続 不動産登記

    相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

  • 相続税率 改正相続税率 改正

    相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な相続税対策を行うことが望まれます。 平成23年度税制改正大綱の主な改正案は以下のとおりです。

  • 遺産相続 不動産遺産相続 不動産

    相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

  • 株 相続株 相続

    【相続財産:プラスの財産】不動産:土地と建物のことです。法務局で登記簿謄本を取得して確認します。動産:自動車、機械、美術品などのことです。

  • 法人の相続法人の相続

    法人の中で代表取締役をしていた人が亡くなった場合、代表取締役の地位は相続財産ではありませんので、相続できません。役員や従業員に相続が発生した場合には、会社側でも様々な手続きが必要になります。

  • 未成年 相続未成年 相続

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相続人が複数存在する場合、相続財産に不動産が含まれる場合は数多くの書類が必要となります。

  • 内縁 相続内縁 相続

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく)・被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、 内縁関係にある人の子供(=ひちゃくしゅつし)

  • 相続 限定承認相続 限定承認

    【単純承認】とは:単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法です。相続開始を知った時から、3ヶ月以内(熟慮期間)に限定承認の手続きをとらない場合

  • 遺産相続の仕方遺産相続の仕方

    遺産手続きについては、悲しみが薄れ無い中、早急に行う必要がございます。死亡届の提出人が死亡したことをきっかけに、さまざまな遺産相続の手続きが必要になりますが、まず最初にすることが「死亡届」の提出です。

  • 遺産相続 調停遺産相続 調停

    アイクス司法書士事務所は、各種相続手続き、相続税対策相続税申請、遺言書等について無料相談を行っております。相続に関する豊富な経験をもった弁護士が「相続対策 無料相談」「法律相談 相続」を行ってお...

  • 財産放棄の仕方財産放棄の仕方

    【単純承認】とは:単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法です。相続開始を知った時から、3ヶ月以内(熟慮期間)に限定承認の手続きをとらない場合

  • 相続 農地相続 農地

    平成21年「改正農地法」が施行されました。この改正農地法によって「相続等によって農地の権利を取得した場合には、農業委員会への届出を要する」こととなりました。

  • 借金 相続放棄借金 相続放棄

    【単純承認】とは:単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法です。相続開始を知った時から、3ヶ月以内(熟慮期間)に限定承認の手続きをとらない場合

  • 贈与 手続き贈与 手続き

    生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。 個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できるのが原則です。 また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるという目的の...

  • 相続 保険相続 保険

    【相続財産:プラスの財産】不動産:土地と建物のことです。法務局で登記簿謄本を取得して確認します。動産:自動車、機械、美術品などのことです。債権:売掛金や貸付金などのことです。

  • 相続 非課税相続 非課税

    相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な相続税対策を行うことが望まれます。 平成23年度税制改正大綱の主な改正案は以下のとおりです。

  • 土地 登記 相続土地 登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 遺産相続 孫遺産相続 孫

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく)・被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、 内縁関係にある人の子供(=ひちゃくしゅつし)・被相続人の孫

  • 登記 相続登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 家 相続 手続き家 相続 手続き

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 家 贈与家 贈与

    生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。 個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できるのが原則です。 また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるという目的の...

  • 使用貸借 相続使用貸借 相続

    貸主が死亡した場合、貸主たる地位は、相続人に承継されます。使用貸借に係る土地又は借地権を相続又は贈与により取得した場合は、その土地の上に存する建物等又はその借地権の目的となっている土地に上に存す...

  • 贈与税 相続税贈与税 相続税

    贈与税は相続税を補完する性格から相続税と比較して税率は高いですが、年110万円の基礎控除額等を利用し、時間(年数)をかけることにより節税の効果が増大します。

  • 遺留分 相続遺留分 相続

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続時に遺言書があってもこの遺留分は認められます。ですが、遺留分があるからといって、常に遺留分減殺請求が認められるわけではありません。

  • 相続税 非課税相続税 非課税

    相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な相続税対策を行うことが望まれます。 平成23年度税制改正大綱の主な改正案は以下のとおりです。

  • 相続の順位相続の順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく)・被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、 内縁関係にある人の子供(=ひちゃくしゅつし)・被相続人の孫

  • 相続 兄弟 争い相続 兄弟 争い

    【ケース1】兄の言い分:長年の間、病気の両親の世話をしながら苦労をしてきたのに、他家に嫁いで何もしなかった妹と自分が同じ相続分なんて納得できない。

  • 相続証明書相続証明書

    いわゆる相続による所有権移転登記(日常的には名義変更登記ないし、名義書換登記ともいわれる)などの登記の申請における相続証明書とは、被相続人が死亡して相続が開始したこと、登記の申請人が真正な被相続...

  • 相続協議書相続協議書

    相続協議書(遺産分割協議書)相続人の確定及び遺産(相続財産のすべて)の調査をして相続人全員の合意が得られた場合、その合意の内容を正式に作成するのが、遺産分割協議書となります。

  • 相続 寄与分相続 寄与分

    民法では相続人のうちに特別の貢献があった者は、遺産分割において、法定相続分を越える遺産を相続できると定めています。これを寄与分と言います。

  • 相続税の申告相続税の申告

    相続は様々な事情によってご提案出来る内容が異なってまいります。例えば、不動産の賃貸をしていたり、会社経営されている場合には、相続税の他に所得税や法人税、さらには消費税について高い専門知識が必要です。

  • 二次相続二次相続

    相続は相続税だけに詳しければ対応できる問題ではありません。例えば、不動産の賃貸をしていたり、会社経営されている場合には、相続税の他に所得税や法人税、さらには消費税について高い専門知識が必要です。

  • 千代田区の相続千代田区の相続

    相続税の軽減対象1.身体障害者手帳の1~6級(1・2級は特別障害者)2.愛の手帳の1~4度(1・2度は特別障害者)

  • 港区の相続港区の相続

    親族関係や相続問題についての港区の相談相続、遺言、交通事故、すまいなど法律全般に関する法律相談を無料で行っています。

  • 中央区の相続中央区の相続

    相続がありましたが住民税(特別区民税・都民税)はどうなりますか。相続した財産については、住民税(特別区民税・都民税)はかかりません。なお、亡くなられた方に住民税(特別区民税・都民税)のお支払いが...

  • 新宿区の相続新宿区の相続

    相続等で戸籍を請求される方相続手続には提出先により、さまざまな戸籍の証明書等の提出が必要となります。

  • 足立区の相続足立区の相続

    相続による農地取得の届出平成21年12月の農地法改正で、相続により農地を取得した場合、その事実を知った日から概ね10ヵ月以内に、農業委員会への届出が必要となりました(農地法第3条の3第1項)。

  • 墨田区の相続墨田区の相続

    出張所で「除籍・改製原戸籍の謄抄本」の交付受付を開始しました相続手続などに必要な「除籍・改製原戸籍の謄抄本」の窓口での交付請求は、これまで窓口課証明係(区役所1階)のみで受け付けていましたが、戸...

  • 世田谷区の相続世田谷区の相続

    死亡者に係る未支給介護給付費の支払いに関する要綱(趣旨) 第1条 この要綱は、介護保険法(平成9年法律第123号。

  • 北区の相続北区の相続

    北区では、区民の皆さんのお困りごとの相談窓口として「区民相談室」を設けています。相続税については、税理士による「税金相談」をご利用ください。

  • 品川区の相続品川区の相続

    相続税の減税(1) 身体障害者手帳の交付を受けている人(1・2級は特別障害者) (2) 愛の手帳の交付を受けている人(1・2度は特別障害者) (3) 国民年金法施行令別表に定める障害の状態と同程...

  • 大田区の相続大田区の相続

    相続税の減税相続または遺贈により財産を取得した日本国内に住所を有する法定相続人のうちに障がい者がいる場合には、障がいの程度、年齢により、相続税が軽減されます。

  • 家督相続とは家督相続とは

    家督相続とは、明治から昭和初期までに施行されていた相続制度であり、被相続人である戸主が亡くなった場合に、長男のみがすべての財産を相続する制度のことをいいます。

  • 相続税の債務控除とは?相続税の債務控除とは?

    相続が開始すると、相続した財産に税金が課されます。いくらかかるかは、遺産総額に基づいて計算がされますが、一定の金額が控除されるため、全額について税金がかかるわけではありません。

  • 足立区にお住まいで相続トラブルを抱えている方足立区にお住まいで相続トラブルを抱えている方

    相続とは、親や配偶者など、特定の親族が亡くなった際に発生するもので、さまざまなトラブルが付きまといます。

  • 大田区の遺産相続に強い司法書士をお探しの方大田区の遺産相続に強い司法書士をお探しの方

    遺産相続は、人生の中で誰しもが経験する出来事になります。自分が相続人になる場合もそうですが、被相続人になる場合も遺産相続に関する正しい手続きが必要になります。例えば、遺言を残そうと思った場合、自...

  • 中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください

    相続と聞くと、遺産相続や遺言書といったことを思い浮かべる方は多いと思いますが、それだけではありません。

  • 孫に遺産相続する方法孫に遺産相続する方法

    民法では「法定相続人」が定められており、被相続人の子等の直系卑属(第1順位)、父母等の直系尊属(第2順位)、兄弟姉妹(第3順位)と順位が決まっています。孫は法定相続人として規定されておらず、特定...

  • 再婚後の相続はどうなる?再婚後の相続はどうなる?

    再婚後に元配偶者や新しい配偶者が死亡した場合、元配偶者との間にあった家庭と、現在の配偶者との間の家庭の2つの家庭で相続が発生することになります。よって、一般的な家庭よりも、相続人も増えるため、相...

  • 相続登記の基礎知識相続登記の基礎知識

    相続が発生すると、多くの場合、不動産の名義変更、すなわち相続登記の設定が必要となります。実際に、相続財産の金額のうち不動産の占める割合は約5割にもなるため、相続をする際には不動産登記のなどの登記...

  • 相続の手続き期限はいつまで?相続の手続き期限はいつまで?

    相続が発生した際には、その相続手続きに期限があるものが存在します。この期限を過ぎてしまうと、手続に支障をきたしてしまったり、場合によっては罰則が科される場合もあるため注意が必要です。

  • 相続登記の義務化はいつから?登記にかかる費用も併せて解説相続登記の義務化はいつから?登記にかかる費用も併せて解説

    ■相続登記相続が開始すると、遺言書もしくは遺産分割協議書に従って、被相続人の財産が相続人に移転します。この相続財産の中に、土地・建物などの不動産が含まれている場合、その所有権も被相続人に移転する...

  • みなし相続財産とはみなし相続財産とは

    ■みなし相続財産とはみなし相続財産とは、被相続人が死亡したことをきっかけに相続人が受け取る財産のことです。代表的なものとしては、死亡退職金や死亡保険金などがあります。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 家族信託を司法書士に依頼するメリット・デメリット家族信託を司法書士...

    家族信託は特別な資格がなければ利用することができないといった制度で...

  • 不動産の名義変更、登記不動産の名義変更、登記

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的で...

  • 相続前にやっておくべきこと相続前にやっておく...

    相続税の節税対策とは 相続税は計算方法に特徴があり、様々な控除も適...

  • 遺産手続き遺産手続き

    遺産手続きについては、悲しみが薄れ無い中、早急に行う必要がございま...

  • 限定承認限定承認

    相続により承継する債務が、相続で得る財産より多い(負債超過)ときに...

  • 普通失踪普通失踪

    蒸発や家出などで、音信普通の状態が7年を過ぎると普通失踪となります...

  • 遺産贈与税遺産贈与税

    基本的に相続税は、相続が発生したときに遺産を、受け継いだ人に課され...

  • 失踪宣告失踪宣告

    行方不明になった者の生死不明の状態が一定期間継続する場合に、 この...

  • 姻族姻族

    本人または血族の婚姻によってつながる人々。姻戚。 例えば、妻と夫の...

  • 株 相続株 相続

    【相続財産:プラスの財産】 不動産:土地と建物のことです。法務局で...

  • 遺産相続の仕方遺産相続の仕方

    遺産手続きについては、悲しみが薄れ無い中、早急に行う必要がございま...

  • 遺産相続 手順遺産相続 手順

    相続手続の中には相続方法の選択のように行うのに期限が定められたもの...

ページトップへ