相続 保険

不動産の名義変更、登記/相続 保険

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続 保険

相続 保険に関する基礎知識記事や事例

  • 不動産の名義変更、登記不動産の名義変更、登記

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的です(遺産分割協議の成立前に共同相続人が法定相続分に応じて共有登記を行うこともあります。

  • 相続 保険相続 保険

    【相続財産:プラスの財産】不動産:土地と建物のことです。法務局で登記簿謄本を取得して確認します。動産:自動車、機械、美術品などのことです。債権:売掛金や貸付金などのことです。

  • 相続放棄相続放棄

    相続開始後、相続人によってなされる相続拒否の意思表示。三か月以内に家庭裁判所にその旨を申し出ることが必要となります。

  • 土地 登記 相続土地 登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 遺産相続 調停遺産相続 調停

    アイクス司法書士事務所は、各種相続手続き、相続税対策相続税申請、遺言書等について無料相談を行っております。相続に関する豊富な経験をもった弁護士が「相続対策 無料相談」「法律相談 相続」を行ってお...

  • 相続前にやっておくべきこと相続前にやっておくべきこと

    相続税の節税対策とは相続税は計算方法に特徴があり、様々な控除も適用されるので、「節税」の効果は大きいものがあります。

  • 家 相続 手続き家 相続 手続き

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 遺留分 相続遺留分 相続

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続時に遺言書があってもこの遺留分は認められます。ですが、遺留分があるからといって、常に遺留分減殺請求が認められるわけではありません。

  • 遺産相続の手続き遺産相続の手続き

    ①遺言書の存否の確認 相続においては、まず「被相続人が遺言を遺しているか否か」を確認してください。被相続人は、生前自己の財産を自由に処分することができたはずであり、遺言は被相続人の最後の意思表示...

  • 相続協議書相続協議書

    相続協議書(遺産分割協議書)相続人の確定及び遺産(相続財産のすべて)の調査をして相続人全員の合意が得られた場合、その合意の内容を正式に作成するのが、遺産分割協議書となります。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 相続分相続分

    法定相続分の内容 法定分割とは、民法で「このように財産を分けるのが...

  • 相続対策相続対策

    アイクス司法書士事務所が提供する「相続対策」サービス 一般的な相続...

  • 遺産相続の仕方遺産相続の仕方

    遺産手続きについては、悲しみが薄れ無い中、早急に行う必要がございま...

  • 登記 相続登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類...

  • 尊属尊属

    親等の上で、基準となる人より先の世代の血族。父母・祖父母などの直系...

  • 卑属卑属

    親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族。子・孫・曾孫(ひまご...

  • 再婚 相続再婚 相続

    親子の血縁のない者どうしが、養子縁組の届出を出すことによって、 本...

  • 大田区の遺産相続に強い司法書士をお探しの方大田区の遺産相続に...

    遺産相続は、人生の中で誰しもが経験する出来事になります。 自分が相...

  • 相続の放棄・承認相続の放棄・承認

    相続の承認には、「単純承認」と「限定承認」があります。 「単純承認...

  • 贈与贈与

    当事者の一方が無償で自己の財産を相手方に与える意思を表示し、相手方...

  • 家督相続とは家督相続とは

    家督相続とは、明治から昭和初期までに施行されていた相続制度であり、...

  • 相続が確定したら行うべきこと相続が確定したら行...

    ●遺産分割協議 遺言がない場合は、法律に定められた相続人が遺産を相...

不動産の名義変更、登記|相続 保険

ページトップへ