遺留分 相続

遺言書の種類と効力/遺留分 相続

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 遺留分 相続

遺留分 相続に関する基礎知識記事や事例

  • 遺言書の種類と効力遺言書の種類と効力

    遺言書には普通の方式による遺言と特別の方式による遺言があります。両者のうち、頻繁に用いられるのは前者の普通の方式による遺言書ということになります。これには①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証...

  • 相続トラブルを防ぐ方法相続トラブルを防ぐ方法

    遺言書がある場合にはまずは遺言の内容が最優先されます。 「特定の世話になった人間に特別に相続させたい」「兄弟間の公平感を保ちきちんと相続させたい」等々遺言者は自分の意思通りに財産の分配を決めるこ...

  • 再婚後の相続はどうなる?再婚後の相続はどうなる?

    再婚後に元配偶者や新しい配偶者が死亡した場合、元配偶者との間にあった家庭と、現在の配偶者との間の家庭の2つの家庭で相続が発生することになります。よって、一般的な家庭よりも、相続人も増えるため、相...

  • 遺留分遺留分

    一定の相続人のために、法律上必ず残しておかなければならない遺産の一定部分。これを受ける権利のある者は、被相続人の直系尊族・直系卑族および配偶者であり、兄弟姉妹にはその権利はありません。

  • 中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください

    相続と聞くと、遺産相続や遺言書といったことを思い浮かべる方は多いと思いますが、それだけではありません。

  • 有効な遺言書の書き方有効な遺言書の書き方

    遺言書には、要件や形式があり、民法上では「遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、することができない」(民法の第960条)と定められています。つまり、民法上の遺言書の要件を満たしていないと、...

  • 相続対策相続対策

    アイクス司法書士事務所が提供する「相続対策」サービス一般的な相続対策としては、1.遺産分割対策2.納税資金対策

  • 相続の手続き期限はいつまで?相続の手続き期限はいつまで?

    相続が発生した際には、その相続手続きに期限があるものが存在します。この期限を過ぎてしまうと、手続に支障をきたしてしまったり、場合によっては罰則が科される場合もあるため注意が必要です。

  • 遺留分 相続遺留分 相続

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続時に遺言書があってもこの遺留分は認められます。ですが、遺留分があるからといって、常に遺留分減殺請求が認められるわけではありません。

  • 孫に遺産相続する方法孫に遺産相続する方法

    民法では「法定相続人」が定められており、被相続人の子等の直系卑属(第1順位)、父母等の直系尊属(第2順位)、兄弟姉妹(第3順位)と順位が決まっています。孫は法定相続人として規定されておらず、特定...

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 生前贈与の税率と計算方法生前贈与の税率と計算方法

    生前贈与とは、被相続人となる人が、生きている間に財産を無償で渡すこ...

  • 傍系傍系

    直系から分かれた枝葉の系統のことです。 家計図で言えば直系が「縦...

  • 相続相続

    死者が生前にもっていた財産上の権利・義務を配偶者・子などの親族が包...

  • 相続争い事例相続争い事例

    【ケース1】 長男の言い分:弟は、親の財産はいらないと言って、長い...

  • 生前贈与生前贈与

    生前贈与とは、当事者の一方が、自分の財産を無償で相手方に与える意思...

  • 血族血族

    血縁によってつながる人々。法律上は、養親子関係にある者(法定血族)...

  • みなし相続財産みなし相続財産

    本来の意味で相続財産ではないが、相続財産と同様に人の死亡により取得...

  • 遺言遺言

    人が自分の死後に効力を生ぜしめる目的で一定の方式によってなす単独の...

  • 指定分割指定分割

    遺言で分割方法が指定されているか、または分割方法を定めることを第三...

  • 相続 農地相続 農地

    平成21年「改正農地法」が施行されました。 この改正農地法によって...

  • 遺留分 相続遺留分 相続

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続...

  • 配偶者の税額軽減配偶者の税額軽減

    被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際にもらった正味の遺産額が...

遺言書の種類と効力|遺留分 相続

ページトップへ