相続税の申告

アイクス司法書士事務所(東京都/神奈川県)|相続税の申告

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続税の申告

相続税の申告

◆相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月
相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。
申告書は、被相続人の死亡時の住所を所轄する税務署に提出します。また、資産より負債の方が多く相続を放棄する場合は、3か月以内に相続放棄の手続きをする必要があります。

◆相続が開始した際の相続手続きの流れ

・遺言書の有無の確認
遺言書が残されていないかを確認します。
※遺言書がある場合には家庭裁判所で確認を受けてから開封します。

・相続する財産と債務の確認
まずは被相続人がどんな財産と債務を持っていたのかを確認します。

・被相続人と相続人の確認
戸籍謄本により被相続人と相続人の確認をします。
遠隔地の場合は郵送により戸籍謄本を取り寄せることも可能です。


・相続の放棄、限定承認の手続き
相続する財産よりも債務の方が多い時などでは、相続の放棄(最初から相続人にならなかったこととする)や限定承認(相続した財産の範囲内で債務も相続する)を受けることがあります。
※相続人となったことを知った日から3ヶ月以内に相続放棄の手続きを行う必要があります。

・準確定申告書の申告と納付
亡くなられた年の1月1日から亡くなられた日までの被相続人の所得について、必要であれば確定申告をすることになります。
※申告と納付の期限は、相続開始の日から4ヶ月以内です。

・相続する財産と債務の評価
確認をした財産と債務のそれぞれについて相続税法に当てはめて評価します。


・遺産分割協議書の作成
被相続人のどの財産と債務をどの相続人が相続するのかを、すべての相続人が認めたことを証明する書類です。
※相続人全員の実印と印鑑証明書が必要になります。

・相続した財産の名義変更の手続き
土地建物の名義変更(所有権移転登記)や預貯金、自動車などの名義変更の手続きをします。
※名義変更が終わらないと相続開始の日以後預貯金の引出しは基本的に出来ません。

・相続税の申告と納付
延納(分割払い)や物納(物での納付)をすることも可能です。
※申告と納付の期限は、相続開始の日の翌日から10ヶ月以内です。

・被相続人の事業を引き継ぐ場合
被相続人が生前行っていた事業を相続人が引き継ぐ場合には、各種の届出書を提出する必要がありますし、その届出により税務上有利になる場合もあります。

・相続した財産の運用についての御相談
相続した財産を売却したい、相続した土地建物を賃貸したいと思った場合には、その時期や届出などにより税務上有利となる場合があります。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 家族信託の手続きの流れ家族信託の手続きの流れ

    ■家族信託 家族信託とは、簡潔にまとめると本人が自分で財産を管理で...

  • 相続協議書相続協議書

    相続協議書(遺産分割協議書)相続人の確定及び遺産(相続財産のすべて...

  • 不動産の名義変更不動産の名義変更

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的で...

  • 自動車の相続自動車の相続

    相続財産の中に自動車が含まれている場合、次に所有する相続人は、相続...

  • 相続税 家屋相続税 家屋

    相続税や贈与税を計算するときに、相続や贈与などにより取得した土地や...

  • 姻族姻族

    本人または血族の婚姻によってつながる人々。姻戚。 例えば、妻と夫の...

  • 代償分割代償分割

    例えば、ある相続人が全ての遺産を相続するかわりに、他の相続人に対し...

  • 相続の手続き期限はいつまで?相続の手続き期限は...

    相続が発生した際には、その相続手続きに期限があるものが存在します。...

  • 家族信託を司法書士に依頼するメリット・デメリット家族信託を司法書士...

    家族信託は特別な資格がなければ利用することができないといった制度で...

  • 公正証書公正証書

    法令に従って公証人が私権に関する事実について作成した証書のことです...

  • 北区の相続北区の相続

    北区では、区民の皆さんのお困りごとの相談窓口として「区民相談室」を...

  • 遺産相続 調停遺産相続 調停

    アイクス司法書士事務所は、各種相続手続き、相続税対策相続税申請、遺...

ページトップへ