相続人

再婚後の相続はどうなる?/相続人

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続人

相続人に関する基礎知識記事や事例

  • 再婚後の相続はどうなる?再婚後の相続はどうなる?

    再婚後に元配偶者や新しい配偶者が死亡した場合、元配偶者との間にあった家庭と、現在の配偶者との間の家庭の2つの家庭で相続が発生することになります。よって、一般的な家庭よりも、相続人も増えるため、相...

  • 普通失踪普通失踪

    蒸発や家出などで、音信普通の状態が7年を過ぎると普通失踪となります。相続人一同が行方不明の相続人のついて、家庭裁判所に不在者財産管理人を選任してもらうよう申し立てできます。

  • 相続の順位相続の順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく)・被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、 内縁関係にある人の子供(=ひちゃくしゅつし)・被相続人の孫

  • 相続トラブルを防ぐ方法相続トラブルを防ぐ方法

    遺言書がある場合にはまずは遺言の内容が最優先されます。 「特定の世話になった人間に特別に相続させたい」「兄弟間の公平感を保ちきちんと相続させたい」等々遺言者は自分の意思通りに財産の分配を決めるこ...

  • 相続放棄・限定承認相続放棄・限定承認

    相続は、被相続人の遺産の全てが相続の対象となりますが、借金等のマイナスの遺産が多く、相続するメリットがない場合にとる手続きが相続放棄です。相続放棄は、各相続人が単独ですることができます。

  • 使用貸借 相続使用貸借 相続

    貸主が死亡した場合、貸主たる地位は、相続人に承継されます。使用貸借に係る土地又は借地権を相続又は贈与により取得した場合は、その土地の上に存する建物等又はその借地権の目的となっている土地に上に存す...

  • 家督相続 登記家督相続 登記

    家督相続の登記とは、旧民法に規定されていた家督相続によって相続登記を行うことです。かつて日本では家督相続という制度がありましたが、今でもこの考えを強く主張する相続人がいる と、相続時に何かと揉め...

  • 債務控除債務控除

    各相続人が取得した財産の価額から、被相続人の債務や葬式費用を控除して相続税を計算します。ただし、債務控除の適用を受けることができるのは、財産を取得した相続人に限られています。

  • 債務の相続債務の相続

    相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月の期間内に、単純承認、限定承認又は相続放棄をしなければなりません。

  • みなし相続財産とはみなし相続財産とは

    ■みなし相続財産とはみなし相続財産とは、被相続人が死亡したことをきっかけに相続人が受け取る財産のことです。代表的なものとしては、死亡退職金や死亡保険金などがあります。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 使用貸借 相続使用貸借 相続

    貸主が死亡した場合、貸主たる地位は、相続人に承継されます。使用貸借...

  • 登記 相続登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類...

  • 相続分相続分

    法定相続分の内容 法定分割とは、民法で「このように財産を分けるのが...

  • 相続税軽減相続税軽減

    アイクス司法書士事務所では、相続税軽減に関してのご相談に豊富な経験...

  • 死因贈与死因贈与

    贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与契約。死因贈与は口約束でも成立...

  • 相続税率 改正相続税率 改正

    相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な...

  • 分割協議分割協議

    財産の調査が終わり、各相続人が「単純承認・限定承認・相続放棄」のい...

  • 生前贈与生前贈与

    生前贈与とは、当事者の一方が、自分の財産を無償で相手方に与える意思...

  • 相続専門 税理士相続専門 税理士

    相続専門 税理士は数多くいますが、アイクス司法書士事務所には豊富な...

  • 生前贈与 税金生前贈与 税金

    相続税をおさえたいなら考えたいのが「生前贈与」です。 アイクス司法...

  • 相続財産相続財産

    【相続の対象となる積極(プラス)財産の例】 ①不動産 ⇒不動産の登...

  • 贈与税率贈与税率

    贈与税率は受贈者(=贈与を受けた人)が、その年の1月1日~12月3...

再婚後の相続はどうなる?|相続人

ページトップへ