相続登記 遺産分割協議書

中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください/相続登記 遺産分割協議書

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続登記 遺産分割協議書

相続登記 遺産分割協議書に関する基礎知識記事や事例

  • 中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください

    相続と聞くと、遺産相続や遺言書といったことを思い浮かべる方は多いと思いますが、それだけではありません。

  • 相続 不動産登記相続 不動産登記

    相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

  • 遺産分割遺産分割

    相続人が複数あって、遺産が共有となっている場合に、相続人間で遺産を分配し各相続人の単独財産にすることをいいます。相続人全員で遺産分割協議をした結果、その内容を書式にまとめたものを遺産分割協議書と...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    相続が発生した場合は、まず「相続人が遺言を遺しているか否か」を確認する必要があります。法律上有効な遺言がない場合、分割のための協議をすることになります。

  • 家督相続とは家督相続とは

    家督相続とは、明治から昭和初期までに施行されていた相続制度であり、被相続人である戸主が亡くなった場合に、長男のみがすべての財産を相続する制度のことをいいます。

  • 相続登記の義務化はいつから?登記にかかる費用も併せて解説相続登記の義務化はいつから?登記にかかる費用も併せて解説

    ■相続登記相続が開始すると、遺言書もしくは遺産分割協議書に従って、被相続人の財産が相続人に移転します。この相続財産の中に、土地・建物などの不動産が含まれている場合、その所有権も被相続人に移転する...

  • 相続登記の基礎知識相続登記の基礎知識

    相続が発生すると、多くの場合、不動産の名義変更、すなわち相続登記の設定が必要となります。実際に、相続財産の金額のうち不動産の占める割合は約5割にもなるため、相続をする際には不動産登記のなどの登記...

  • 不動産の名義変更、登記不動産の名義変更、登記

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的です(遺産分割協議の成立前に共同相続人が法定相続分に応じて共有登記を行うこともあります。

  • 不動産の名義変更不動産の名義変更

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的です(遺産分割協議の成立前に共同相続人が法定相続分に応じて共有登記を行うこともあります。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 死因贈与死因贈与

    贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与契約。死因贈与は口約束でも成立...

  • 相続 離婚相続 離婚

    離婚して縁が切れても子どもの相続権は残ります。夫婦の場合は離婚によ...

  • 家族信託にかかる費用家族信託にかかる費用

    家族信託とは、本人が自分で財産の管理ができなくなった時のために、自...

  • 戸籍 相続戸籍 相続

    被相続人の相続人となる者が誰であるかを特定するため(他に相続人が存...

  • 借金 相続放棄借金 相続放棄

    【単純承認】とは: 単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に...

  • 姻族姻族

    本人または血族の婚姻によってつながる人々。姻戚。 例えば、妻と夫の...

  • 単純相続単純相続

    被相続人の権利義務を無限に承継する方法をいいます。単純承認が行われ...

  • 代襲相続代襲相続

    相続人が相続の開始以前に死亡・廃除・相続欠格により相続権を失った場...

  • 相続税 贈与相続税 贈与

    生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為...

  • 遺留分遺留分

    一定の相続人のために、法律上必ず残しておかなければならない遺産の一...

  • 登記 相続登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類...

  • 相続が確定したら行うべきこと相続が確定したら行...

    ●遺産分割協議 遺言がない場合は、法律に定められた相続人が遺産を相...

中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください|相続登記 遺産分割協議書

ページトップへ