不動産の名義変更

アイクス司法書士事務所(東京都/神奈川県)|不動産の名義変更

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 不動産の名義変更

不動産の名義変更

共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的です(遺産分割協議の成立前に共同相続人が法定相続分に応じて共有登記を行うこともあります。その場合は共同相続人の一人が他の相続人のために単独で申請することもできます。)が、その登記は、登記の目的となる不動産を取得した者が単独で申請することになります。
その場合に必要な書類は、一般的な例としては、①登記原因証明情報、②住所証明書、③代理権証書、④申請書の写しになります。
①登記原因証明情報は相続を証する書面のことで、ⅰ)戸籍謄本及び除籍謄本(全部事項証明書)、ⅱ)被相続人の戸籍の附票の写し又は住民票(附票)の写し、ⅲ)相続人全員の戸籍謄本又は抄本(全部又は一部事項証明書)、Ⅳ)遺産分割協議書が必要になります。
遺産分割協議書には、印鑑証明書の添付が必要になります。
また、登記申請に際しては、登録免許税を計算するために登記不動産の「固定資産税評価証明書」が必要になります。
遺産分割協議により不動産を単独で取得しておきながら、相続登記をするまでの間に、他の共同相続人の1人が第三者に自らの持分を譲渡した場合には、当該第三者に対し、自己の法定相続分を超えて、不動産全部の所有権を対抗できなくなる結果になりかねません。相続不動産の名義変更は速やかに実行すべきです。

アイクス司法書士事務所では、これまで数多くの相続問題に対応してまいりました「相続のスペシャリスト」たちが、不動産の名義変更に関するご相談に対応致します。


アイクス司法書士事務所とは、司法書士、1級FP、相続アドバイザー、弁護士、税理士、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者、社会保険労務士等、相続の各専門家とネットワークを組み、お客様が的確な相続を実現するためのアドバイスと支援をする相続に特化した専門家集団です。
相続は、ご家族の問題にに非常に密接にかかわるものであるからこそ、人間関係、財産をはじめ、目まぐるしく状況が変化し、それに迅速かつ的確に対応していく必要があります。
アイクス司法書士事務所では、東京都の相続問題について、豊富な経験とノウハウを持つ各専門家をネットワークする相続スペシャリストがお客様の問題を多角的にサポートし解決いたします。不動産の名義変更に関するご相談、ご質問等何時でもお気軽にお問合せ下さい。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 相続放棄相続放棄

    「相続の放棄」とは、相続人が相続の開始によって不確定的に生じた相続...

  • 借金 相続放棄借金 相続放棄

    【単純承認】とは: 単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に...

  • 相続放棄・限定承認相続放棄・限定承認

    相続は、被相続人の遺産の全てが相続の対象となりますが、借金等のマイ...

  • 新宿区の相続新宿区の相続

    相続等で戸籍を請求される方 相続手続には提出先により、さまざまな戸...

  • 尊属尊属

    親等の上で、基準となる人より先の世代の血族。父母・祖父母などの直系...

  • 再婚 相続再婚 相続

    親子の血縁のない者どうしが、養子縁組の届出を出すことによって、 本...

  • 相続税の債務控除とは?相続税の債務控除とは?

    相続が開始すると、相続した財産に税金が課されます。 いくらかかるか...

  • 相続相続

    死者が生前にもっていた財産上の権利・義務を配偶者・子などの親族が包...

  • 墓地 相続墓地 相続

    お墓は「祭祀財産」と言って相続財産とは明確に区別され、相続税の対象...

  • 二次相続二次相続

    相続は相続税だけに詳しければ対応できる問題ではありません。例えば、...

  • 遺言 法律 相談遺言 法律 相談

    アイクス司法書士事務所では「遺言 法律 相談」を無料で行っておりま...

  • 遺産相続 順位遺産相続 順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく) ・被相続人の子供(...

ページトップへ