相続分

遺言/相続分

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続分

相続分に関する基礎知識記事や事例

  • 遺言遺言

    人が自分の死後に効力を生ぜしめる目的で一定の方式によってなす単独の意思表示のことをいいます。法律上その内容として、認知、相続人の廃除、相続分の指定、遺贈などが認められています。

  • 代償分割代償分割

    例えば、ある相続人が全ての遺産を相続するかわりに、他の相続人に対して相続分に応じた金銭を支払ったり、自分の所有する他の財産を交付する方法をいいます。

  • 遺留分 計算遺留分 計算

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続時に遺言書があってもこの遺留分は認められます。ですが、遺留分があるからといって、常に遺留分減殺請求が認められるわけではありません。

  • 再婚後の相続はどうなる?再婚後の相続はどうなる?

    再婚後に元配偶者や新しい配偶者が死亡した場合、元配偶者との間にあった家庭と、現在の配偶者との間の家庭の2つの家庭で相続が発生することになります。よって、一般的な家庭よりも、相続人も増えるため、相...

  • 遺留分 相続遺留分 相続

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続時に遺言書があってもこの遺留分は認められます。ですが、遺留分があるからといって、常に遺留分減殺請求が認められるわけではありません。

  • 寄与分寄与分

    遺産の共同相続人中、労務提供・財産給付・療養看護など被相続人の財産の維持・増加に特別に寄与した者に付加される相続分のことです。

  • 普通失踪普通失踪

    蒸発や家出などで、音信普通の状態が7年を過ぎると普通失踪となります。相続人一同が行方不明の相続人のついて、家庭裁判所に不在者財産管理人を選任してもらうよう申し立てできます。

  • 不動産の名義変更不動産の名義変更

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的です(遺産分割協議の成立前に共同相続人が法定相続分に応じて共有登記を行うこともあります。

  • 相続登記の基礎知識相続登記の基礎知識

    相続が発生すると、多くの場合、不動産の名義変更、すなわち相続登記の設定が必要となります。実際に、相続財産の金額のうち不動産の占める割合は約5割にもなるため、相続をする際には不動産登記のなどの登記...

  • 相続 寄与分相続 寄与分

    民法では相続人のうちに特別の貢献があった者は、遺産分割において、法定相続分を越える遺産を相続できると定めています。これを寄与分と言います。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 卑属卑属

    親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族。子・孫・曾孫(ひまご...

  • 相続税 贈与相続税 贈与

    生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為...

  • 相続放棄 期間相続放棄 期間

    相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月内...

  • 相続税相続税

    相続・遺贈・死因贈与により財産を取得した個人に課せられる国税のこと...

  • 公正証書公正証書

    法令に従って公証人が私権に関する事実について作成した証書のことです...

  • 相続 離婚相続 離婚

    離婚して縁が切れても子どもの相続権は残ります。夫婦の場合は離婚によ...

  • 遺言遺言

    人が自分の死後に効力を生ぜしめる目的で一定の方式によってなす単独の...

  • 相続税率 改正相続税率 改正

    相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な...

  • 生前贈与生前贈与

    生前贈与とは、当事者の一方が、自分の財産を無償で相手方に与える意思...

  • 足立区の相続足立区の相続

    相続による農地取得の届出 平成21年12月の農地法改正で、相続によ...

  • 直系直系

    血筋が親子関係によって直接につながっている系統。 アイクス司法書士...

  • 死因贈与死因贈与

    贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与契約。死因贈与は口約束でも成立...

遺言|相続分

ページトップへ