相続が発生したら行うべきこと

アイクス司法書士事務所(東京都/神奈川県)|相続が発生したら行うべきこと

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続が発生したら行うべきこと

相続が発生したら行うべきこと

●遺言書の確認
相続開始後、遺言書を発見したり、遺言書を保管している人はすぐに家庭裁判所の検認を受けなければなりません。検認は、遺言が遺言者の意思によって作成したものかどうかを確かめ、利害関係人にその内容を知らせ、遺言書の偽造や変造を防止するために必要とされています。内容が妥当であるかどうかを判断するものではありません。検認手続までには1ヶ月くらいかかります。

●相続人の確認、調査
相続の手続きで、まず最初に行うのが,相続人の調査と確認、相続人関係 図の作成です。 子供がいない場合、配偶者の異なる子供がいる場合など、面倒なケースもあります。 

●相続財産の把握、評価
相続発生後に、最初にしなくてはいけないのが、相続財産の調査。遺族が、相続財産は自宅と現預金のみと思っていても、調査をすると思わぬ資産が発覚するケースが少なくありません。また、遺産分割協議をスムーズに行うためにも正確に把握しておく必要があります。相続財産の調査は専門家に依頼することも検討しましょう。


●土地境界線の確認
●土地の測量
相続手続きにおいて測量が活用される場面が多くあります。遺産分割を実行する上で、土地の場合、現金と異なって分割が困難であるということです。

●正確な不動産評価
相続財産の不動産の評価方法は、 原則として死亡日の「時価」で評価されることになります。 不動産に係る様々なケースにおいて、公正・中立で、正確な価格等が必要となった場合には、不動産鑑定士による鑑定評価を活用することが無用なトラブルを回避するのに役立つケースがあります。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 代償分割代償分割

    例えば、ある相続人が全ての遺産を相続するかわりに、他の相続人に対し...

  • 品川区の相続品川区の相続

    相続税の減税 (1) 身体障害者手帳の交付を受けている人(1・2級...

  • 相続の放棄・承認相続の放棄・承認

    相続の承認には、「単純承認」と「限定承認」があります。 「単純承認...

  • 相続税の申告相続税の申告

    ◆相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月 相続税の申告は...

  • 遺贈 相続遺贈 相続

    遺贈 相続とはどう違うのでしょうか。 「相続」被相続人の財産が相続...

  • 死因贈与死因贈与

    贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与契約。死因贈与は口約束でも成立...

  • 相続 寄与分相続 寄与分

    民法では相続人のうちに特別の貢献があった者は、遺産分割において、法...

  • 相続の順位相続の順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく) ・被相続人の子供(...

  • 遺産相続の仕方遺産相続の仕方

    遺産手続きについては、悲しみが薄れ無い中、早急に行う必要がございま...

  • 卑属卑属

    親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族。子・孫・曾孫(ひまご...

  • 未成年 相続未成年 相続

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相...

  • 有効な遺言書の書き方有効な遺言書の書き方

    遺言書には、要件や形式があり、民法上では「遺言は、この法律に定める...

ページトップへ