遺贈 相続

相続放棄/遺贈 相続

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 遺贈 相続

遺贈 相続に関する基礎知識記事や事例

  • 相続放棄相続放棄

    「相続の放棄」とは、相続人が相続の開始によって不確定的に生じた相続の効果を確定的に拒否し、初めから相続人にでなかった公課を生じさせる相続形態をいいます。相続放棄をした者については代襲相続がおきな...

  • 受遺者受遺者

    遺言により遺産の全部または一部を受ける者をいいます。受遺者は被相続人の相続開始時に生存している者でなければなりません。

  • 大田区の相続大田区の相続

    相続税の減税相続または遺贈により財産を取得した日本国内に住所を有する法定相続人のうちに障がい者がいる場合には、障がいの程度、年齢により、相続税が軽減されます。

  • 相続の手続き期限はいつまで?相続の手続き期限はいつまで?

    相続が発生した際には、その相続手続きに期限があるものが存在します。この期限を過ぎてしまうと、手続に支障をきたしてしまったり、場合によっては罰則が科される場合もあるため注意が必要です。

  • 遺言遺言

    人が自分の死後に効力を生ぜしめる目的で一定の方式によってなす単独の意思表示のことをいいます。法律上その内容として、認知、相続人の廃除、相続分の指定、遺贈などが認められています。

  • 相続税相続税

    相続・遺贈・死因贈与により財産を取得した個人に課せられる国税のことです。 被相続人の死亡を原因として相続人に支払われる保険金や退職金などは、被相続人が生前から持っていた財産ではありませんので、民...

  • 配偶者の税額軽減配偶者の税額軽減

    被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際にもらった正味の遺産額が、次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかからないという制度です。

  • 相続の放棄・承認相続の放棄・承認

    相続の承認には、「単純承認」と「限定承認」があります。「単純承認」とは、相続人が被相続人の権利義務を全面的に承継することを内容として相続を承認する相続の形態をいいます。

  • 相続登記の基礎知識相続登記の基礎知識

    相続が発生すると、多くの場合、不動産の名義変更、すなわち相続登記の設定が必要となります。実際に、相続財産の金額のうち不動産の占める割合は約5割にもなるため、相続をする際には不動産登記のなどの登記...

  • みなし相続財産とはみなし相続財産とは

    ■みなし相続財産とはみなし相続財産とは、被相続人が死亡したことをきっかけに相続人が受け取る財産のことです。代表的なものとしては、死亡退職金や死亡保険金などがあります。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください中央区の相続はアイ...

    相続と聞くと、遺産相続や遺言書といったことを思い浮かべる方は多いと...

  • 未成年 相続未成年 相続

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相...

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相...

  • 家族信託の手続きの流れ家族信託の手続きの流れ

    ■家族信託 家族信託とは、簡潔にまとめると本人が自分で財産を管理で...

  • 相続人相続人

    現行民法では、相続人は、すべて法律によって定まっており、遺言など被...

  • 限定承認限定承認

    相続により承継する債務が、相続で得る財産より多い(負債超過)ときに...

  • 遺産分割 税金遺産分割 税金

    遺産分割の方法には、換価分割、代償分割、現物分割があります。産分割...

  • 遺産相続 順位遺産相続 順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく) ・被相続人の子供(...

  • 相続の放棄・承認相続の放棄・承認

    相続の承認には、「単純承認」と「限定承認」があります。 「単純承認...

  • 遺産手続き遺産手続き

    遺産手続きについては、悲しみが薄れ無い中、早急に行う必要がございま...

  • 相続 非課税相続 非課税

    相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な...

  • 孫に遺産相続する方法孫に遺産相続する方法

    民法では「法定相続人」が定められており、被相続人の子等の直系卑属(...

相続放棄|遺贈 相続

ページトップへ