遺言書の種類と効力

アイクス司法書士事務所(東京都/神奈川県)|遺言書の種類と効力

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 遺言に関する記事一覧 >
  3. 遺言書の種類と効力

遺言書の種類と効力

遺言書には普通の方式による遺言と特別の方式による遺言があります。両者のうち、頻繁に用いられるのは前者の普通の方式による遺言書ということになります。これには①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3つの種類の遺言があります。このうち公正証書遺言と秘密証書遺言については作成にあたり公証役場に対し費用がかかります。

①自筆証書遺言は、文字通り遺言者により自筆で遺言書の全文、日付および氏名が書かれ、これに印を押されている遺言書です(民法968条1項)。印を押していなかったり、文章に不備があるときには遺言書として不備のあるものとされます。
なお、財産目録については自書である必要はありません(民法968条2項)。自筆証書遺言を管理している人は、相続が始まることを知った後、つまり遺言者が死亡したことを知った後、遅滞なく家庭裁判所に自筆証書遺言を提出して検認を請求する必要があります(民法1004条1項)。

②公正証書遺言は、公証人による筆記で作成される遺言書です。具体的には、証人2人以上の立ち会いのもとで、交渉人が遺言者の口述による遺言の趣旨を筆記し、各自がこれに署名し印を押すことで成立する遺言書が公正証書遺言になります(民法969条)。自筆証書遺言とは異なり公正証書遺言の場合は家庭裁判所による検認の必要はありません(民法1004条2項)。

③秘密証書遺言とは、遺言の内容を遺言作成時に秘密にしたいときに用いられる遺言書です。すなわち、遺言者が作成した遺言書を署名し印を押し、その証書を印で封印します。その後、この封書を公証人1人と証人2人以上の前に提出し、自己の遺言書である旨と自己の氏名・住所を記載することで成立する遺言書です。公正証書遺言書と手続きは似ていますが、秘密証書遺言の場合は封印の場を公証人・証人が立ち会うだけなので、内容はわかりません。

要するに、遺言書は誰が相続人になるか、遺産をどのような方法で、どのような割合で分割するのかを定めることができ、原則これに従うことになります。ただし、相続分が遺留分を害する場合は、遺留分権利者は他の相続人に対し遺留分侵害額の請求をすることができます(民法1046条1項)。
遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が有する「最低限の取り分」のようなものですが(民法1042条参照)、この遺留分は遺言書でも侵すことができないです。

遺言を含めた相続問題について、アイクス司法書士事務所にご相談ください。
まずはホームページからお問い合わせいただければと思います。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 相続証明書相続証明書

    いわゆる相続による所有権移転登記(日常的には名義変更登記ないし、名...

  • 家 相続 手続き家 相続 手続き

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類...

  • 遺留分遺留分

    一定の相続人のために、法律上必ず残しておかなければならない遺産の一...

  • 相続が発生したら行うべきこと相続が発生したら行...

    ●遺言書の確認 相続開始後、遺言書を発見したり、遺言書を保管してい...

  • 墨田区の相続墨田区の相続

    出張所で「除籍・改製原戸籍の謄抄本」の交付受付を開始しました 相続...

  • 相続専門 税理士相続専門 税理士

    相続専門 税理士は数多くいますが、アイクス司法書士事務所には豊富な...

  • 債務控除債務控除

    各相続人が取得した財産の価額から、被相続人の債務や葬式費用を控除し...

  • 遺留分 計算遺留分 計算

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続...

  • 相続協議書相続協議書

    相続協議書(遺産分割協議書)相続人の確定及び遺産(相続財産のすべて...

  • 暦年課税制度暦年課税制度

    贈与財産から基礎控除額110万円を差し引いて、その残りの額に対して...

  • 保険金 相続保険金 相続

    被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料...

  • 土地 登記 相続土地 登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類...

ページトップへ