登記 相続

相続 必要書類/登記 相続

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 登記 相続

登記 相続に関する基礎知識記事や事例

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相続人が複数存在する場合、相続財産に不動産が含まれる場合は数多くの書類が必要となります。

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    相続が発生した場合は、まず「相続人が遺言を遺しているか否か」を確認する必要があります。法律上有効な遺言がない場合、分割のための協議をすることになります。

  • 相続 不動産登記相続 不動産登記

    相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

  • 土地 登記 相続土地 登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 相続 保険相続 保険

    【相続財産:プラスの財産】不動産:土地と建物のことです。法務局で登記簿謄本を取得して確認します。動産:自動車、機械、美術品などのことです。債権:売掛金や貸付金などのことです。

  • 有効な遺言書の書き方有効な遺言書の書き方

    遺言書には、要件や形式があり、民法上では「遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、することができない」(民法の第960条)と定められています。つまり、民法上の遺言書の要件を満たしていないと、...

  • 換価分割換価分割

    遺産を売却した上で、その金銭を分ける方法です。現物を分割してしまうと価値が低下する場合などにはこの方法がとられます。

  • 遺産分割遺産分割

    相続人が複数あって、遺産が共有となっている場合に、相続人間で遺産を分配し各相続人の単独財産にすることをいいます。相続人全員で遺産分割協議をした結果、その内容を書式にまとめたものを遺産分割協議書と...

  • 家督相続とは家督相続とは

    家督相続とは、明治から昭和初期までに施行されていた相続制度であり、被相続人である戸主が亡くなった場合に、長男のみがすべての財産を相続する制度のことをいいます。

  • 相続放棄・限定承認相続放棄・限定承認

    相続は、被相続人の遺産の全てが相続の対象となりますが、借金等のマイナスの遺産が多く、相続するメリットがない場合にとる手続きが相続放棄です。相続放棄は、各相続人が単独ですることができます。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 不動産の名義変更不動産の名義変更

    共同相続人間で遺産分割協議が成立した後に相続登記を行うのが一般的で...

  • 法人の相続法人の相続

    法人の中で代表取締役をしていた人が亡くなった場合、代表取締役の地位...

  • 相続放棄相続放棄

    相続開始後、相続人によってなされる相続拒否の意思表示。三か月以内に...

  • 有効な遺言書の書き方有効な遺言書の書き方

    遺言書には、要件や形式があり、民法上では「遺言は、この法律に定める...

  • アイクス司法書士事務所とはアイクス司法書士事...

    アイクス司法書士事務所とは、司法書士、1級FP、相続アドバイザー、...

  • 相続争い事例相続争い事例

    【ケース1】 長男の言い分:弟は、親の財産はいらないと言って、長い...

  • 相続財産目録相続財産目録

    財産目録は、被相続人が所有していたすべての財産を一覧にしたもので、...

  • 相続 離婚相続 離婚

    離婚して縁が切れても子どもの相続権は残ります。夫婦の場合は離婚によ...

  • みなし相続財産みなし相続財産

    本来の意味で相続財産ではないが、相続財産と同様に人の死亡により取得...

  • 卑属卑属

    親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族。子・孫・曾孫(ひまご...

  • 相続税 非課税相続税 非課税

    相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な...

  • 被相続人被相続人

    相続人が相続する財産や権利義務のもとの所有者。 アイクス司法書士事...

相続 必要書類|登記 相続

ページトップへ