相続 不動産登記

家 相続 手続き/相続 不動産登記

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続 不動産登記

相続 不動産登記に関する基礎知識記事や事例

  • 家 相続 手続き家 相続 手続き

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 土地 登記 相続土地 登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 遺産相続 不動産遺産相続 不動産

    相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

  • 相続登記の基礎知識相続登記の基礎知識

    相続が発生すると、多くの場合、不動産の名義変更、すなわち相続登記の設定が必要となります。実際に、相続財産の金額のうち不動産の占める割合は約5割にもなるため、相続をする際には不動産登記のなどの登記...

  • 遺産相続 手順遺産相続 手順

    相続手続の中には相続方法の選択のように行うのに期限が定められたものがあります。期限の定めのあるものはその期限内に行わないと思わぬ不利益を被る場合がありますので特に注意が必要です。遺産相続争いも多...

  • 相続登記の義務化はいつから?登記にかかる費用も併せて解説相続登記の義務化はいつから?登記にかかる費用も併せて解説

    ■相続登記相続が開始すると、遺言書もしくは遺産分割協議書に従って、被相続人の財産が相続人に移転します。この相続財産の中に、土地・建物などの不動産が含まれている場合、その所有権も被相続人に移転する...

  • 相続 不動産登記相続 不動産登記

    相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に変更する手続きをしなくてはなりません。この手続を、不動産名義変更の手続きといいます。

  • 登記 相続登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 遺産分割遺産分割

    相続人が複数あって、遺産が共有となっている場合に、相続人間で遺産を...

  • 相続相続

    死者が生前にもっていた財産上の権利・義務を配偶者・子などの親族が包...

  • 卑属卑属

    親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族。子・孫・曾孫(ひまご...

  • 遺産相続 孫遺産相続 孫

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく) ・被相続人の子供(...

  • 相続 不動産登記相続 不動産登記

    相続が起こった場合、被相続人名義の不動産登記簿を、「相続人名義」に...

  • 節税節税

    アイクス司法書士事務所では、相続税の節税に関してのご相談については...

  • 受遺者受遺者

    遺言により遺産の全部または一部を受ける者をいいます。受遺者は被相続...

  • 大田区の相続大田区の相続

    相続税の減税 相続または遺贈により財産を取得した日本国内に住所を有...

  • 家族信託を司法書士に依頼するメリット・デメリット家族信託を司法書士...

    家族信託は特別な資格がなければ利用することができないといった制度で...

  • 配偶者の税額軽減配偶者の税額軽減

    被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際にもらった正味の遺産額が...

  • 相続の順位相続の順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく) ・被相続人の子供(...

  • 遺産相続 順位遺産相続 順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく) ・被相続人の子供(...

家 相続 手続き|相続 不動産登記

ページトップへ