相続税 非課税

アイクス司法書士事務所(東京都/神奈川県)|相続税 非課税

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続税 非課税

相続税 非課税

相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な相続税対策を行うことが望まれます。

平成23年度税制改正大綱の主な改正案は以下のとおりです。

(1)基礎控除
基礎控除は従来の「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」から「3,000万円+600万円×法定相続人数」に引き下げられます。
よって、従来は相続人が3人の場合、8,000万円以上の遺産がなければ相続税はかかりませんでしたが、改正後は基礎控除が4割引き下げられるため、4,800万円以上の財産があ れば原則として相続税が課税されることになります。

(2)最高税率引上げ
相続税の最高税率が50%から55%に引き上げられます。また、税率区分は現状の6段階から8段階に変更され、6億円超の遺産に最高の55%、2億円超3億円以下には新たな税率区分として 税率45%が設けられました。

(3)生命保険の控除制限
生命保険金は「法定相続人×500万円」の非課税枠がありますが、今後、控除が認められるのは法定相続人のうち、未成年・障害者又は相続開始直前に被相続人と生計を一の相続人に限られることになります。

(4)相続時精算課税贈与制度の対象者拡大
相続税精算課税の受贈者に、20 歳以上である孫(現行 推定相続人のみ)が追加され、贈与者の年齢要件も65歳以上から60歳歳以上に引き下げされます。

相続税改正は、課税対象者が大幅に増える内容となっており、都会に持ち家がある方で、1,000万円程度の金融資産があれば、課税対象になる可能性がありますので、ご自分が課税対象になったかどうか早目に確認するひつようがあるでしょう。そして、早めに対策をとることが今後ますます重要になってまいります。

アイクス司法書士事務所では、これまで数多くの相続問題に対応してまいりました「相続のスペシャリスト」たちが、相続税 非課税に関するご相談に対応致します。


アイクス司法書士事務所とは、司法書士、1級FP、相続アドバイザー、弁護士、税理士、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者、社会保険労務士等、相続の各専門家とネットワークを組み、お客様が的確な相続を実現するためのアドバイスと支援をする相続に特化した専門家集団です。
相続は、ご家族の問題にに非常に密接にかかわるものであるからこそ、人間関係、財産をはじめ、目まぐるしく状況が変化し、それに迅速かつ的確に対応していく必要があります。
アイクス司法書士事務所では、東京都の相続問題について、豊富な経験とノウハウを持つ各専門家をネットワークする相続スペシャリストがお客様の問題を多角的にサポートし解決いたします。相続税 非課税に関するご相談、ご質問等何時でもお気軽にお問合せ下さい。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 相続放棄・限定承認相続放棄・限定承認

    相続は、被相続人の遺産の全てが相続の対象となりますが、借金等のマイ...

  • 相続 必要書類相続 必要書類

    相続に必要な書類と資料については個々の事案に応じて異なりますが、相...

  • 墓地 相続墓地 相続

    お墓は「祭祀財産」と言って相続財産とは明確に区別され、相続税の対象...

  • 相続 離婚相続 離婚

    離婚して縁が切れても子どもの相続権は残ります。夫婦の場合は離婚によ...

  • 遺産相続 順位遺産相続 順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく) ・被相続人の子供(...

  • 限定承認限定承認

    相続により承継する債務が、相続で得る財産より多い(負債超過)ときに...

  • 受遺者受遺者

    遺言により遺産の全部または一部を受ける者をいいます。受遺者は被相続...

  • 代襲相続代襲相続

    相続人が相続の開始以前に死亡・廃除・相続欠格により相続権を失った場...

  • 配偶者の税額軽減配偶者の税額軽減

    被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際にもらった正味の遺産額が...

  • 中央区の相続はアイクス司法書士事務所にご相談ください中央区の相続はアイ...

    相続と聞くと、遺産相続や遺言書といったことを思い浮かべる方は多いと...

  • 寄与分寄与分

    遺産の共同相続人中、労務提供・財産給付・療養看護など被相続人の財産...

  • 遺贈遺贈

    遺言によって財産を他人に与えることをいいます。遺贈する者を 遺贈者...

ページトップへ