アイクス司法書士事務所とは

再婚 相続/アイクス司法書士事務所とは

  1. アイクス司法書士事務所 >
  2. アイクス司法書士事務所とは

アイクス司法書士事務所とはに関する基礎知識記事や事例

  • 再婚 相続再婚 相続

    親子の血縁のない者どうしが、養子縁組の届出を出すことによって、 本来の血縁のある親子と同じ関係になります。養子縁組をすると相続税の節税になる場合もございます。

  • 株式の相続株式の相続

    株式を相続する場合、名義変更が必要となります。非上場会社の株式の場合、どのような書類が必要か、会社に確認して進めることになります。

  • 相続の順位相続の順位

    相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく)・被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、 内縁関係にある人の子供(=ひちゃくしゅつし)・被相続人の孫

  • 相続トラブルを防ぐ方法相続トラブルを防ぐ方法

    遺言書がある場合にはまずは遺言の内容が最優先されます。 「特定の世話になった人間に特別に相続させたい」「兄弟間の公平感を保ちきちんと相続させたい」等々遺言者は自分の意思通りに財産の分配を決めるこ...

  • 使用貸借 相続使用貸借 相続

    貸主が死亡した場合、貸主たる地位は、相続人に承継されます。使用貸借に係る土地又は借地権を相続又は贈与により取得した場合は、その土地の上に存する建物等又はその借地権の目的となっている土地に上に存す...

  • 戸籍 相続戸籍 相続

    被相続人の相続人となる者が誰であるかを特定するため(他に相続人が存在しないことを証明するため)に被相続人の記載がある戸籍等(除籍・改製原戸籍等)が必要です。

  • 相続税軽減相続税軽減

    アイクス司法書士事務所では、相続税軽減に関してのご相談に豊富な経験がございます。① 相続税の申告が必要なのかどうか。

  • 遺留分 相続遺留分 相続

    遺留分とは、遺言自由の原則を認めつつ、これを制約する制度です。相続時に遺言書があってもこの遺留分は認められます。ですが、遺留分があるからといって、常に遺留分減殺請求が認められるわけではありません。

  • 土地 登記 相続土地 登記 相続

    不動産登記は所有する不動産の所在、所有者の住所氏名などを公的な書類に記載しておく事で、権利関係などを明確にするものです。死亡された被相続人が、土地や建物の不動産を所有されていた場合、その人から、...

  • 相続争い事例相続争い事例

    【ケース1】長男の言い分:弟は、親の財産はいらないと言って、長い間実家に顔も見せなかったのに両親が亡くなったら突然自分の相続権を主張し始めた。

アイクス司法書士事務所が提供する事例・相談内容

  • 株 相続株 相続

    【相続財産:プラスの財産】 不動産:土地と建物のことです。法務局で...

  • 戸籍 相続戸籍 相続

    被相続人の相続人となる者が誰であるかを特定するため(他に相続人が存...

  • 遺言遺言

    人が自分の死後に効力を生ぜしめる目的で一定の方式によってなす単独の...

  • 相続 兄弟 争い相続 兄弟 争い

    【ケース1】 兄の言い分:長年の間、病気の両親の世話をしながら苦労...

  • 相続放棄相続放棄

    「相続の放棄」とは、相続人が相続の開始によって不確定的に生じた相続...

  • 相続協議書相続協議書

    相続協議書(遺産分割協議書)相続人の確定及び遺産(相続財産のすべて...

  • 相続登記の基礎知識相続登記の基礎知識

    相続が発生すると、多くの場合、不動産の名義変更、すなわち相続登記の...

  • 特別失踪特別失踪

    船が沈没したり、飛行機が墜落したりなどの危難に遭遇したときに 生死...

  • 孫に遺産相続する方法孫に遺産相続する方法

    民法では「法定相続人」が定められており、被相続人の子等の直系卑属(...

  • 株式の相続株式の相続

    株式を相続する場合、名義変更が必要となります。 非上場会社の株式の...

  • 相続分相続分

    法定相続分の内容 法定分割とは、民法で「このように財産を分けるのが...

  • 生前贈与の税率と計算方法生前贈与の税率と計算方法

    生前贈与とは、被相続人となる人が、生きている間に財産を無償で渡すこ...

再婚 相続|アイクス司法書士事務所とは

ページトップへ